ホーム
支部長ご挨拶
会員名簿
幹事会名簿
例会スケジュール
例会報告
MK研究会
中央区支部法律相談
 
      >>> ログイン
2014.05.28 5月21日 都心協議会 ゴルフコンペ報告 投稿者:安藤 励慈
  都心協議会 ゴルフコンペ報告

神戸(株) 飯田紘一

5月21日(水)江戸崎CCにて開催されました。低気圧通過で前日の夜より大雨が降っていましたが、開催時より雨天決行のルールに従い実行致しました。16名の参加申込み前日1名のキャンセルがありましたが、15名予定時刻に集合致しました。
唯、スタート時刻近くには空も明るさを増し、最初2〜3ホールは風雨の中でしたが、その後日も差すコンディションになりました。昼食後、後半スタートになりましたが、小雨模様で変化の有る天候が続き、各参加者の強い気持ちでトライなさる姿は印象に残りました。
4時より当番幹事の中央区支部・浦田、田中氏の司会進行のもとパーティーを開始、都心協中島議長の挨拶、表彰式、参加者全員の2分スピーチとわきあいあいの雰囲気でした。成績は支部対抗(4名グロス合計)僅差で中央区支部の優勝、2位千代田支部、3位港支部、個人戦(新ぺリア方式)は優勝田中氏(中央区)2位榊原氏(千代田)3位飯田(中央区)でした。
最後三本〆で次回は港支部の当番開催する事が決定致しました。
今回のコンペの印象ですが非常に厳しい条件でしたが、苦労された分、パーティーの皆様のすがすがしい姿は喜びに満たされた感覚がにじみ出ている様で非常に強く印象に残りました。明日からの経営に何かの一助になればと思う次第です。

2014.04.28 4月16日 台東支部総会講演会メモ 投稿者:安藤 励慈
  台東支部総会講演会メモ
行本 憲治

台東支部例会 生き残る企業の条件―倒産の修羅場を経験して
八起会会長 (株)ノグチプランニング代表取締役 野口誠一氏(H26.4.16)

・プロフィール
1930年生まれ、日大卒 1955年25歳玩具メーカー設立、2年後月商1500万に急成長、ドルショックと放漫経営のため77年倒産、翌78年倒産者の会設立、八起会興す。
・どんなに苦しくても愚痴を言ってはいけません。私の名前はノーグチです。毎日いやな話、倒産した社長夫人の相談、義父の自殺等々。世界でたった一つの倒産相談所
・会社の経営者の仕事って何?それは倒産させないこと。倒産したら何もできない。
失敗したことで学びましょう、未来への成功につなげましょう、この店はなぜ潰れない?そこから学びましょう。
・知識と知恵のバランスが大事、これがないと倒産する。
・お金が大事?どのようにしてお金を稼ぐ?心身が健康でないとそれはできない、怒ったり、人のせいにしたり、危機感がなかったり、人間器ができてないとお金が逃げる、自分の器を磨け。1年前だったら間に合ったのに、頑迷で、人の言うこと聞かない、動かない、プライドという驕り。
・そうなったら一日も早く手をあげなさい。お金を貸しても死に金、破産するにもお金が要ります、夜逃げしかない?、これをすると、住所不定、健康保険もない、顔を隠す、逃亡者、だれも訪ねてこない、借金とりと孤独との戦い、苦しい苦しい、酒を飲む、ある中になる、いっそのこと死んでしまう、残された家族のことを考えることもできない。
・私は生きてる、どこが違うのか、エネルギーが残っている、夢とロマンを持っている、年取って夢なんかないよ、それでいいの?、自殺、ノイローゼ
・元気を与える指導、黙って聞く、説教するのは逆効果、おれだって苦労したんだ、がんばれ?死ぬ気になったら何でもできる?最悪の言葉。
・倒産の原因は何か、それは経営能力がないということ、だから倒産、2台目以降の社長、そのまま社長になって継続できるわけがない。
・トップの資質、わかったら自分の行動を変えられる人、わかっているよ、と言って変えない人、なにも改善しない、勉強会で聞いた話をただしゃべるだけ、行動は変わらない
・再起できた人、行動の仕方が違う、できる人は明日のことで苦しむ、できない人は過去を悔やむだけ、債権者集会、社長は土下座、自殺して保険料で払え、太っていると憎まれる。
・宝石商、Aさんの事例、負債11億、50%は自分の資産売却で返済、のこりの33%は長期分割返済、残り17%はゴメンナサイ、最初から弁護士は使わない、昼間働いて、夜は簿記学校、苦手な数字の勉強、自分は計数感覚の欠如で倒産した、今は八起会の経理をしてくれている。7,8年はマンション暮らし、そのあと残債は支払って温泉付の一戸建、宝石商は続けるが、儲かっても店の坪数は5坪のまま、自分の能力は5坪、自分の能力を知る、ちょっと調子がいいと人を入れ、機械を入れ、家を大きくする、そして倒産、一方で不況不況と言っても儲かっている会社がある、どんなにいい会社でも5年に一回ぐらいは不況がくる、マスコミの報道を鵜呑みにしてはいけない、自分たちの状況とはまた違う。
・倒産の原因はトップにある、自信過剰、高慢、自分で気が付かない、人を自分より下に見ている、薬は反省なんだが、これが人にはなかなかできない、反省はしょっちゅうしないと朝、昼、晩、反省。感謝の念を持つ、そして反省、そして感謝、
・儲かりすぎた金、将来のために使え、金を独り占め、従業員、顧客のおかげ、お返しするために分ける、そうじゃないと従業員も顧客も逃げる、税金払うのもいい。
・腹が立っているときは説教するな、イワンでいいことを言ってしまう。
(個人的な話/自分の経験)
・S23年、20歳、大学生、両親亡くなった、授業料払えない、学生時代から商売をした。商売とは、人に頭を下げる嫌なもの
・長靴製造販売、物がない時代だから儲かった、そっくり飲む、打つ、買う、負けっぱなし、スッテンテン、金が回っているうちは解らない、気が付けば在庫の山、倒産
・玩具製造もした、結局同じことをしてしまった、事業は5年に一回くらい踊り場があっていい、そこで反省できる、為替レートが360円時代から急展開、家を売ってそのうちいい時が来ると待っていたが、機械技術の発達で100社分の生産が一社でできる、酒はどこでも買えるようになって酒屋がつぶれる、時代の変化、変わらないと生きていけぬ
・経営者の能力、判断力、先見力、実行力、業績が悪くなったら手遅れ、借金が増える、一発当てようとギャンブルにかける、悪循環、社員の首は切れても、悪友との手は切れない、経営がおかしくなっても飲み食いに走る、原因は自分が行きたいから、何でどん底なのに理事長、役員やってるの。
・目の前に今月末の手形決済資金300万、明日の馬券は必ず当たると思う、負ける奴は人気者、いい話には乗るなよ、だますよりだまされる方が悪い、夜の帝王になる、褒められた気になる、墨田劇場借り切って芝居興業、道楽三昧、20年間徹底して遊んだ
(家族の話)
・20歳で嫁を貰い、58年間夫婦、俺は殿様、お前は女中、金は稼ぐが浮気者で博打好きだけどいいか?どうぞどうぞ、ヒデえ話だな、思いやりのかけらもない
・いい女房もらってよかったな、よく我慢してくれたな、俺はバカ、嫁は賢い、客の接待、子育て、倒産したら働きにでる、最後の金100万、競輪ですってしまった、すっからかんになって良かったですね、博打から足洗えますよね、狭い家になって、子供の顔がよく見えますね、よかったですね、今日があるのは女房のおかげ、逆境の時が大事、プラス思考が有難い
・倒産するとどうなるか、家を出てゆくときのつらさ、くやしさ、恥ずかしさ、子供の前で手をついた、学校をやめてくれ、長女は高校生、私が働きに出ます、お金は全部家に入れます、だから妹は高校にやってくれという、息子は自分で稼いで大学に行くという、バイトで見事乗り切った、母親の育て方に感謝(まるでおしん、花子状態)
・それから塾、マッサージ業、サンドイッチ、おにぎりや、思いつきでやってもみんなダメ。つらい時は嫌なことをやってみる、勤め人をやってみた、この給料泥棒とののしられ、何を言われてもはいはいといい、勤め3年で学んだこと、下の人間の気持ちがわかった
・ひたすらまじめにやっても会社はつぶれる、まじめだけだと死んでしまう、家族が大事、遊び心も大事
・今儲かっている人、いまが一番危ないよ、努力?努力って何よ?的を外した努力は意味がない、問題から学ばないと話にならない、学びにお金をかけなきゃ、頭でわかっていても自分ではやらない、人にやれと言うだけ、数字が読めない経営者も困る、借金いくらなの、何年で返せるの?人を使えないと、社員と一致団結しないと進まない、経営理念の確立が大事、自分で作ってみる、それを社員に伝えていく、参謀は大事だがその親戚まで入れたらダメ、女性の参謀もダメ、男女の仲になる
・倒産者の子供は宝物、苦労が人を育てる、逆境を乗り越える、息子が意見を言ったら取り上げてやる、失敗したらそれが薬になる、お金が活きる、人が育つ、2代目が親を越えようとする、それはできるわけがない、同業者は敵だよ、仲良く飲んでてどうするの、人がいい息子、後継ぎにしない方がいい、お人よし=無責任、いい悪いの区別がつかない
・夫婦仲が悪い、親父の浮気、体の倒産、夫婦円満が肝心
・人間再起できる条件―1.前向きの反省できる、2.お金を大切にする、3.夫婦円満、4.自分の仕事を天職と思う、5.背筋をまっすぐに、ついでに倒産者の8割が家庭に仏壇がない、再起は心の転換から
・勉強会の仲間作り、企業のうち3社に1社は倒産、変わり方が早い方が生き残れる
(倒産する社長の10項目)
1.自己中心、2.悪いことは他人のせい、3.いやなこと、苦手なことは避ける、4.真の勇気がない(縮小、謝罪、相談)、5.頭でわかっていても実行しない、6.お人好し(頼まれたらノーと言えない)、7.還元の心なし、8、反省の欠如、9.時間貧乏(働きすぎ、遊びすぎ)、10.公私混同(金銭感覚の欠如)
(倒産の原因ベスト10)
1.経営者の高慢、経営能力の過信、2.社員教育の不備、欠如、3.事業目的、目標、計画性の欠如、4.業界情報の不足と環境変化への対応、5.新商品の欠如、技術開発の遅延、6.家庭不和、同族経営の弊害、7.公私混同、経営哲学の欠如、8.決断力、実行力の欠如、9.計数管理の不足、勉強不足、10.ワンマン、反省心の不足、番外@疾病予防と健康管理A悪友、交際範囲
野口さんは、ある意味特徴的な人だが、会社の倒産の原因を、体験を通じて語ってくれました。曰く、今ここの来ていない人に、本当に伝えたい、誠に然り

2014.04.25 4月16日 築地倶楽部報告 投稿者:安藤 励慈
  築地倶楽部報告
飯田紘一

4月16日茅場町長寿庵にて開催致しました。
参加は千代田支部3名、港支部1名、中央区支部5名(常連さんが5名、初参加の方が4名、女性が3名、男性が6名)でした。
春の陽気の中で初鰹、蛍烏賊、〆のとろろそば迄、海、山の料理にワイン、日本酒、ビール、名物のそば焼酎、各々好みの飲み物で会話も非常に盛り上がりました。

会話はA・B二つのグループに分かれる感じになりました。今回は政治、社会情勢の話題より経営に対する基本的な話し、いろいろな経験から実例を交えた事など多くありました。特に人間の性善説、性悪説を取るかの質問に対し、時と場合によりどちらにも傾くのが人間だと認識するのがいいとの意見は含蓄があり、さすが人生のベテランの言葉だけに深く印象に残りました。
今回は女性もいつもより多く場もそれなりになごみ、新しい方々もまた違ったご意見はそれなりに刺激になりました。

次回は6月19日(木)に決定致し、夜9時めでたく散会致しました。

2014.02.17 2月例会のご案内 投稿者:安藤 励慈
  事業の幹(事業戦略)を創造する
〜勝ち残る為の価値創造の仕組み創り〜

講師 竹林 一氏 (たけばやし はじめ)
ドコモ・ヘルスケア株式会社 代表取締役社長
プロフィール: オムロングループ会社(オムロンソフトウェア・オムロン直方代表取締役社長)、現在ドコモ・ヘルスケア代表取締役社長。経済産業省・総務章情報家電検討委員会構成委員、新エネルギー・産業技術総合開発機構 提案審査委員会委員 他
個人の理念:「世の中にない新たな社会システムを創造する。
日本のエンジニア・経営者を元気にする」
趣味 ウォーキング 東京徒歩制覇・銭湯制覇中1567件中50件

オムロングループ及び各社の新しい価値を創造する中から竹林氏が得た社員の眼が輝く職場、人材組織と事業戦略の秘訣をお話しいただきます。綺麗なビジョンや戦略では人は動かない!
コミュニケーションのない組織にモチベーションはなく、モチベーションのない組織からイノベーションは生れない。コミュニケーションの見える化・リスクの見える化から聴ける化へ
・経営の仕事は価値創造する為の仕組みを創ること!! ・事業の「幹」とは事業のよりどころとなる本質的な価値 事業の幹があると外部変動に強くなる・外にヒントがある、他

■日時: 2月27日(木)
 開場18:15
 名刺交換・軽食は開会前にお済ませください。
 開会18:30  閉会21:00
■場所: 日本印刷会館 2F
 中央区新富町1-16-8
■会費: 1,000円(軽食付き)

お問い合わせ・申し込み先 事務局 岩本
電話 03−3261-7201

2014.02.17 2月5日 築地クラブ報告 投稿者:安藤 励慈
  2月5日 築地クラブ報告
飯田 紘一

2月5日本年最初の築地倶楽部を開催致しました。少しお店のランクを上げて銀座壮石で行いました。
出席は中央区支部9名、千代田支部1名の参加でした。M氏は前回体調を崩され手術を行い1月末に退院なさったばかりでしたが、顔色をも良く、元気な姿で舌口調(好調)を感じました。他にはアメリカから帰国なさって成田から直行され、旅装もとかずの参加は倶楽部への情熱を感じられ嬉しいものでした。
話題は、A・B2班に分かれる様なかたちで進行致しました。アメリカ金融の引き締めの影響での株安、消費税の件、都知事選挙等々でした。同友会の件では、次期代表理事のトロイカ体制、中央区支部より初めての就任内定決定で我々も全面的に応援すべく拍手と乾杯致しました。
当倶楽部も高齢者が増えて行くなかでいつまでもピンピンし、いつでもコロリと行ける心境を日頃から意識して行動規範として持つことが望ましいと思われます。
唯、年齢はその時期に達してみないとその心境を理解するのは困難な様に先輩の歩まれた道を拝聴しながら、それを他山の石として自分のものにしていく心構えが必要な様です。
今回の「壮石」さんはTさんの紹介でしたが、おかみさんのてきぱきとした采配、築地に近いだけに新鮮なネタ、料理の献立、御酒の旨さ、〆の寿司、赤だし、参加者も満足のようでした。個人的にも又寄せて頂く心境です。
次回は4月16日(水)場所は茅場町「長寿庵」に決定し、9時に散会しました。

 1234567891011121314151617181920