2018年11月24日 あきない塾に参加してきました!

どうでもいいですが、最近気が付き始めました!
イベント開始前の会場の様子から入って、本番は取り忘れ、
後半の懇親会の写真ががむっちゃ多め…

毎回、そんな感じな作りになっていますね…

という事で開始前の名刺交換やら挨拶やら…

で、始まりました!
題名がスゴイですね「タイで出会った 自律自育経営」

毎回、あきない塾ではそれぞれの近況報告を行います。
和気藹々とした雰囲気が伝わると嬉しいですね。

実はいつもより男性陣が少なめです。

タイで独立してビジネスをスタートさせた佐々木社長のストーリーと
考えを赤裸々に聴くことができて、海外の異文化の中で自分の今までの
考え方が通じないという所からの2003年からのスタートということで、

私の今回の学びは、
タイは植民地になったことのない国、なのでタイ語が基本でタイの人は
母国に誇りを持っている。

先ず自分が心地よくて、それがお客様にとっても心地よいという基本的な
考えというか文化がタイにはある。
仕事はみんなでやる。テーマを決めて担当者に任せる。
色々な仕事がくるけど受けるのはタイにとっても、会社にとっても良い事
しか受けない。(日本からの仕事も多いけど自分たちだけの利益しか考え
ない一方的な内容のものは受けない)
情報は社員全員にフラットに、口うるさく言わない、公私の区別はつけない。
直観に従う、出会いを大切にする。

というキーワードだけで申し訳ありません、そんな事をメモしていました。

タイは日本と同じ仏教国で基本的に貢献しようとする文化があり、日本人
とは似た部分があるようです。

ぼーっとしているようでも、その日のやる事を決めてインターネットでの
連絡をとったり、外出も自分でスケジュールして先方と打ち合わせしたり
しているそうです。
スゴイのは、自分でも社内の人でも出来ない事を家族や知人に伝えて協力
してくれていたりするそうで、見えないところで家族もバックアップして
くれている事に表面的な見方しか出来なければ正しい理解が出来ないとい
うお話に、

最近は日本人の方が「同じやらないなら、自分だけがやるのは馬鹿ら
しい、損した気分になる…」「東南アジアでも日本以外はレベルが下」
などと考える人を散見します。

タイはそんな日本人が無くしてしまった古き良き時代の心意気みたいなも
のを残している国なんだなぁ、なんて思ってしまいました。

そして、懇親会でございます。
あきない塾では懇親会が含まれております。
そこで、色々な経営者にご指導頂くのも良し、雑談するのもよし、人間関係をつくって
また次回につなげるもよし、という事で、ございます。

懇親会の写真を撮り忘れてしまいましたので、
二次会の写真やらを掲載しておきます。

真ん中の2人は自称女性部のお二方です。
盛り上がっております!

写真だけでは伝わりずらい2次会の様子を動画にて…


そこに佐々木社長も加わり、盛り上がるのであった…
やはり女性部のパワーはスゴイ!



次回12月も文化堂本社にて開催されます。
お時間のある方は是非ご参加下さい。

スゴイ女性経営者にお会いできますよ!

(文責:チャーリー)