2018年11月14日 中央区支部例会:「ますます激しくなる「都市競争時代」の到来!街が変われば、ビジネスチャンスあり!未来の都市計画を聞く」に参加してきました!

いつもの例会開始前の状況です。
初めてお会いする方とは恒例の名刺交換!

そして、ぼちぼち集まり始めてきております。

肝心な写真がないのに、なぜか例会とは関係のない開始前と
懇親会の写真ばかりがアップされるという不思議な内容ではあります。

始まりました!早速、鈴木支部長のご挨拶!
いつもの通り決まっております!

今回のテーマスマートシティについて東大教授の出口教授より
コンセプトやこれからの地域とそこで暮らす人々の生活やビジ
ネスが変わる所をお話頂きました。

アーバンデザインセンター柏のセンター長でもある出口教授の
お話は東北の震災を影響を受けたことにも触れ、直ぐにスマートシティー
のデザインにも反映されております。

実際にアーバンデザインセンター柏への見学では説明して頂くの
ですが、外から太陽光を取り入れる際に、自然光を電気を使わず
取り入れる仕組みや、太陽光発電と街の商業部分と居住区での
電気使用量の違いをダイナミックに供給しあう仕組みにも驚き
ました。

政府が提唱するソサエティ5.0の書籍も出しておりますので、
是非、読んでくださいとのことでした。

少子高齢化の時代となり、ビジネスも生活空間も変わりゆく時代
に、いろいろな事にチャレンジしてチャンスをものにしていく
バイタリティが中小企業の社長には求められていると思います。

(文責:チャーリー)