表題の通り、中小企業家サミット201825研)の他県からの動員のために関東甲信越の青年経営者フォーラムに参加して来ました!


(写真は千葉同友会 柏原社長)

関東甲信越青年経営者フォーラムにin神奈川は第五回を迎え大いに盛り上がっていました。
参加者が400名以上にもなり、会場は冷房が間に合わないほど暑かったです。


(開始前の受付の様子)


(垂れ幕)

報告者の株式会社BRASTの柏原社長の話はいつでも周囲にはチャンスがあり、誤解を恐れずに記載すれば、稼ぐことこそ経営者のあり方であり、稼げないなら何もできないことになる、何もできないなら経営者をやめるべきとまで言い切っていました!

BRASTは建築業界で建築現場の足場を組む会社を事業承継し、男ばかりの職場の作業を分解して女性も働ける職場に変えました。
会社の事務作業をやっている女性2人が出産に向けて退職することを知り、会議室を託児所にして退職を阻止しました。
毎日コンビニ弁当を食べている社員を見て、暖かい手作り弁当を食べて欲しいと食堂・カフェをオープンしました。
それが新卒採用に役立っているそうです。
出張するなら沖縄が良いという事で、事業所を設立!現地採用にダイバーを雇用したことからダイビング事業にも着手!
他にもイベントに使えるレンタルスタジオやドローンスクール事業も手掛けており、会社経営を通して常に挑戦する
姿勢でいたいとする報告はとても力強く感じました!


(懇親会の様子)


(懇親会の場所:中央区支部 青年部原部長!)

皆さんとても元気で、私も北海道以外の他県への遠征は初めてでしたのでとても勉強になりました。
この元気を自分の中でも活かしていきたいと思います。

文責:チャーリー